FC2ブログ

褐色肌のモデルさん

ai-18.jpg

褐色の肌を持つモデルさん。色白のモデルさんもキレイですが、こちらもなかなかの美しさでした。

1枚目は、ホテルの部屋に入る“自然光”で撮影したショット。軽めの後処理を施しています。

ai-22.jpg

2枚目は「グランジ」と呼ばれる手法と、写真には写っていない両手首を縛ったショットを四角の型で抜いて、それを重ねたもの。

1枚目よりは手間をかけています。


ブログランキングに参加しているのでぜひ押してください。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

“博多ST”のブログタイトルを復活させました!

20111110101601574.jpg

今から6年も前のこと。2011年11月10日。

この日、、、STのブログが、SMランキングにおいて“1位”を獲得しました。

「311」の年でもありました。

その後、2012年末に理由(わけ)あってブログを閉鎖し、、、

2度ほど復活したのですがその度毎に挫折し、今回「3度目の正直」みたいな感じで戻って来ました!

予め別のタイトル(ボンデージ・フォト倶楽部)にてブログを構成していたのですが、この度本来の“博多ST”を復活させることに決めました。

当時は「SM」というと、けっこうアングラな雰囲気を醸し出していたように思うのですが、、、今はその界隈の住人も増え、以前よりポピュラー寄りな傾向が見て取れます。

それがいいのか悪いのかSTには解りませんが、SNSを通じて様々な触媒反応が起こっているのは確かみたいです。



ブログランキングに参加しているのでぜひ押してください。

縛師さんによるワークショップに参加してみる

workshop.jpg

縛り方をマスターする手段のひとつに、縄師さんのワークショップに参加する、、、という選択肢があげられるでしょう。

先日、昔から交流のあったG氏のワークショップに参加したのですが、自分の「思い違い」などを素早くそこで修正できました。

また、そこで一緒になった受講者との交流なども始まるので、様々な刺激へとつながります。

「美しい写真」を仕上げるのは“孤独な作業”ですから、一方でそういう「リアルな繋がり」があってもいいのではないか、とも思いました。


ブログランキングに参加しているのでぜひ押してください。




麻縄1本での撮影

na-4.jpg

“後手縛り”と呼ばれる縛り方は、通常、麻縄を「2本」使用します。今回の写真は「1本」しか使用していません。

シンプルに縛って、モデルさんの美しい身体を際立たせたいと思ったからです。実際のところ、僕はこの“縄1本での撮影”というのをよくおこないます。

「シンプルな縛り」なだけに、複数のショットを並べて1枚にまとめると、、、とてもゴージャスな雰囲気に仕上がります!
(^∇^)ノ

na-7.jpg

2枚目の写真は、モデルさんに交渉して自分も出演。リモコン+タイマーの“合わせワザ”で撮りました。

これら複数のショットを1枚にまとめる手法は、海外のPhotoshopアーティストさんから教わったやり方で驚くほど簡単なんですが、スマホのアプリでも同じようなことがおこなえますから、そちらの方を近いうちにお教えしますね。
ヾ(o´∀`o)ノ


ブログランキングに参加しているのでぜひ押してください。


スマホで縛りの写真を撮る

bure-3.jpg

僕が使用しているiPhone8プラスもそうですが、スマホの場合、どのタイプのものでも手で持つと動きやすく「手ブレ」が生じます。

そこで、写真の様なスマホ用ホルダーで固定して、折り畳み式タイプのミニ三脚に取り付けると安定性抜群です!左手で直接スマホ本体を持つより、ずっと手ブレを軽減することができます。
(。>ω<。)ノ

さらに次のステップとして、スマホの本体に触れずにシャッターを押す、、、という方法があります!下の写真の「Bluetooth対応のリモコン」を使えばOKです。

bure.jpg

スマホのシャッターボタンを指で押した時、スマホ本体が微妙に揺れ、それが目指すレベルの“美しくシャープな縛りの写真”から、1歩遠ざけてしまいます。

わずかなブレではありますが、あなたが考えている以上に大きな違いを生むことになるのです!

ホルダーもリモコンも、手頃な値段で入手可能です。このわずかな「2ステップ」をおこなった分だけ、写真はさらにシャープさを増し、縛りの美しさやセクシーさがパワーアップするはずです。
(^-^)/


ブログランキングに参加しているのでぜひ押してください。